マンション売却時の修繕積立金と管理費はどうなる?

イエウール不動産

イエウール不動産


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

 そもそもマンションの修繕積立金と管理費とは

 

マンションを購入の際にはほとんどの方がローンを利用することになるかと思います。そのため、毎月ローンの返済をしていくわけなのですが、ローンの返済のみをすればいいというわけではありません。というのも、ローンの返済と一緒に修繕積立金と管理費というものを支払っていく必要があるのです。
修繕積立金も管理費もどちらもマンションのための経費ということになります。というのも、マンションの維持や管理に必要なお金として見なされるのです。マンションというのは、ひとつの建物の中にそれぞれが部屋を持っている状態になりますので、マンションに住んでいる方の全員が負担するお金になります。
修繕積立金のほうは、積立金という名前の通り、プールしておくお金です。管理組合の積立金として、修繕や工事の必要性が出てきたときに使います。マンションが古くなればなるほど、毎月の修繕積立金は上がる傾向があるといわれています。一方で、管理費のほうは共有部分の清掃や草木のお手入れなどの日常的なマンション管理に使われるお金になりますので、そう変化はありません。

 

 マンション売却時の修繕積立金と管理費について

 

イエウール不動産などでマンションの売却を決めた方にとっては、マンション売却時の修繕積立金と管理費が気になるところです。買ったばかりのマンションに関しては修繕積立金や管理費が戻ってくるのでは・・・と期待している方もいるかもしれませんが、基本的に修繕積立金と管理費というのは戻ってきません。
中には、修繕積立金と管理費を滞納したままでマンションを売却しようと考えている方もいるかもしれません。ここは微妙なところなのですが、基本的には売りに出されたマンションを購入すると同時に購入した方に滞納した修繕積立金と管理費を支払う義務が発生するものとされています。しかしながら、一旦購入者が支払った後で前の持ち主に請求することもありますので、滞納したまま丸投げというのは避けておきたいところです。
マンションを売却する際には、修繕積立金や管理費の残高も考慮の上で価格が決められることになります。後々のトラブルのリスクを減らし、よりマンションを高い価格で売却したいのであれば、修繕積立金と管理費に関しては滞納しないようにしておきたいものです。きちんと清算して売却しましょう。