不動産の即金即買と仲介の違い

イエウール不動産

イエウール不動産


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

 不動産の即金即買について

 

不動産の即金即買と仲介の違いということですが、まずは不動産の即金即買についてお話ししていきましょう。即金即買というのは、所有している不動産を不動産会社に買い取ってもらうことを指します。つまり、不動産を所有している方がその不動産を不動産会社に直接売るということになります。
通常であれば、不動産会社がその不動産の買い手を見つけてくれるのですが即金即買の場合には、その必要はありません。買い手は不動産会社になりますので、最初から売却先が決まっているようなものです。即金即買というだけあって、不動産を不動産会社に買い取ってもらったらすぐに現金を受け取ることができます。すぐにでもお金が必要な方にとっては、ありがたい方法です。
しかしながら、安く仕入れて高く売るというのは商売の常識です。不動産会社もできるだけその不動産を安く買い取って、高く売ろうとします。そのため、即金即買に関しては相場を上回るということはまずないでしょうし、むしろ予想していた価格を大きく下回るということのほうが多いかもしれません。

 

 不動産の仲介について

 

イエウール不動産などを利用する方のほとんどがおそらく不動産の仲介を想定しているかと思います。というのも、一般的には不動産を売却するとなったときには不動産会社に仲介をしてもらうものなのです。もちろん、先でお話しした即金即買も不動産売却の方法のひとつではありますが、不動産会社の仲介のほうが一般的なのです。
仲介の場合には、不動産会社に不動産を売却するわけではありません。あくまでも不動産会社に依頼して、売却先や買い手を見つけてもらうのです。不動産会社の見つけてきた売却先や買い手と条件が合えば、その売却先や買い手に不動産を売るということになるのです。不動産会社が不動産を買い取るわけではありませんので、その点はしっかりと理解しておきましょう。
即金即買よりも高く買い取ってもらえる可能性があるのですが、不動産の売却までにはかなりの時間がかかります。もちろん、不動産会社のほうであまり長引かないように一生懸命営業をかけてくれるのですが、どうしてもある程度の時間はかかるものと思っておいたほうがいいでしょう。タイミングなどもありますので、早く不動産売却を済ませたいという方にとっては買い手が見つかるまで気が気でないという部分も出てくるかもしれません。