住宅ローン残債のある不動産は売却できるの?

イエウール不動産

イエウール不動産


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

 住宅ローン残債のある不動産を売却する方法は3つ

 

住宅ローンの返済が残っているものの、このまま返済を続けるのも苦しいから売却してしまいたいという方もいるでしょう。イエウール不動産の利用者の中にも、そういった事情を抱えている方はいるはずです。しかしながら、住宅ローン残債のある不動産は売却できるのでしょうか。
結論から言うと、住宅ローン残債のある不動産の売却はできます。売却にあたっての方法は3つです。一般売却と任意売却、競売の3つになります。ただ、これらの3つの方法というのは住宅ローンの残高よりも売却価格が低い不動産を売却するとの方法になります。その点は注意しておきましょう。
一般売却の場合、売却代金は住宅ローンの返済にあてて、足りない分は現金で支払っていくことになります。任意売却の場合には、住宅ローン残高を残したまま相場の価格で不動産を売却することができます。足りない分は、分割で支払っていくことになります。競売の場合には、住宅ローンの返済が滞ったときに強制的に売却されることになります。落札価格というのは期待できません。

 

 住宅ローン残債のある不動産を売却するなら任意売却

 

先では住宅ローン残債のある不動産を売却する方法として、一般売却と任意売却、競売という3つの方法を挙げました。しかしながら、この3つの方法の中であれば任意売却が一番いいでしょう。安く買いたたかれることもありませんし、差額分を分割で支払っていくことができますので、一番負担が軽く済むのです。
しかしながら、任意売却というのは誰にでもできるものではありません。というのも、住宅ローンの返済ができなくなった方のみが利用できる方法なのです。そのため、住宅ローンの返済ができる余裕のある方が任意売却をするということはできません。あくまでも住宅ローンの返済ができなくなった方を救済するための救いの手なのです。
もちろん、任意売却というのは住宅ローンを返済する側だけにメリットがあるわけではありません。お金を貸しつけている金融機関にとってもメリットがあるのです。返済ができなくなってお金が戻って来なくなるよりは、任意売却を認めて一部でも返済してもらったほうが金融機関としてもありがたいわけです。手続きなどは面倒になりますが、信頼できる不動産会社を見つけていろいろと手伝ってもらうといいのではないでしょうか。