イエウール不動産の専任媒介と一般媒介

イエウール不動産

イエウール不動産


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

 イエウール不動産の専任媒介契約について

 

イエウール不動産の専任媒介契約についてです。専任媒介契約というのは、特定の不動産会社のみに仲介をお願いする方法になります。つまり、イエウール不動産で一括査定をしても、その中の1社の不動産会社とのみ契約を交わすということになります。同時に他の不動産会社と契約を結ぶことはできませんので、その点は注意しておきましょう。
専任媒介契約の場合、不動産会社のほうは2週間に1回以上、どのような状況なのかを報告する義務があります。売却を希望している不動産に関しては、国土交通大臣の指定する流通機構に登録しなければいけないという部分もあります。契約というのは無期限ではなく、有効期間があり、その有効期間は3ヶ月以内とされています。
イエウール不動産でいくつかの不動産会社からの話を聞くこともあるでしょうが、おそらくほとんどの不動産会社がこの専任媒介契約をすすめてくることになるでしょう。というのも、この専任媒介契約というのは不動産を独占することができますので、不動産会社にとってメリットの多い契約の形なのです。ただ、1社のみとの契約なので、不動産会社とのやりとりで混乱してしまうこともなく、その点は利用者にとっても魅力でしょう。

 

 イエウール不動産の一般媒介契約について

 

イエウール不動産での一般媒介契約についてですが、一般媒介契約の場合、専任媒介契約と違って複数の不動産会社と契約を結ぶことができます。しかも、不動産を所有している本人が売却先を見つけてくるということも可能です。
一般媒介契約にはふたつのタイプがあります。ひとつは明示型というもの、もうひとつは非明示型というものです。明示型の場合、他にどこの不動産会社へ依頼をしているのかを通知しなければいけません。一方で、非明示型の場合には他にどこの不動産会社へ依頼しているのかを通知する義務はありません。
もし所有している不動産が人気のあるタイプだった場合、一般媒介契約にすると売却までにかかる時間を短縮することができるかもしれません。というのも、同時に複数の不動産会社に依頼することができますので、競争が起こるのです。しかしながら、不動産そのものにあまり魅力がない場合、そういったことはあまり期待できません。逆に、複数の不動産会社に依頼することによって「売れ残り」に見えてしまうこともありますので、注意が必要です。